WordPressウェブサイトを最適化する11の実用的な方法

公開: 2022-01-09

WordPressが一般的に使用されているコンテンツ管理システムであることは驚くべきことではありません。

一つには、それは使いやすいです。 次に、バックエンドにインストールできるさまざまなプラグインにより、カスタマイズ可能です。 最後に、最適化は簡単です。 また、「最適化」とは、WordPressWebサイトをSEO対応にすることができることを意味します。

WordPressの改善と最適化に興味がある場合は、読み続けることをお勧めします。

1.優れたウェブホストを見つける

まず、適切なホスティングプランを選択することは、サイトで行う必要のある最も重要な決定の1つです。 これはあなたのウェブサイトが住む場所だからです。 それはあなたのサイトの速度、パフォーマンス、そしてそれがどのように高トラフィックに対処できるかを決定するのに大いに役立ちます。

ユーザーがサイトにアクセスすると、Webホストサーバーが訪問者の必要な情報を取得します。 したがって、サイト訪問者の大多数に近いWebホストを選択することが不可欠です。 あなたのウェブサイトを訪問するほとんどの人が米国から来ている場合、米国ベースのサーバーを選ぶことは意味があります。

その間、コンテンツ配信ネットワークがアクティブになっていることを確認してください。 そうすることで、米国外のユーザーのWordPressWebサイトのページ読み込み速度を向上させることができます。

最後に、余裕のある最大の帯域幅を備えたホスティングプランを購入するようにしてください。 ウェブホストプロバイダーがウェブサイトのリソースを制限することは一般的です。 ただし、サイトのユーザビリティにも影響を与える可能性があります。

言い換えれば、不十分なホスティングプランは、他のすべての速度向上の取り組みを無効にする可能性があります。 したがって、サイトを最適化している場合でも、サーバーの速度が遅すぎる場合や計画が不十分な場合は、大きな違いはありません。

2.軽量のテーマを選択します

WordPressテーマには、多くの動的要素、ウィジェット、スライダー、ソーシャルアイコンなど、人目を引くもの以上のものがあります。 ただし、サイト内の要素が多すぎてページサイズが大きくなると、Webサーバーに大きな影響を与える可能性があることを覚えておく必要があります。

したがって、最良のオプションの1つは、軽量のテーマを使用することです。 1つのオプションは、デフォルトのWordPressテーマに使用されます。 ただし、より機能豊富なWebサイトを選択する場合は、優れたフレームワークを利用するテーマを選択することもできます。 完璧な例は、FoundationとBootstrapです。

3.画像を最適化します

画像はサイトのリソースの大部分を消費する可能性があります。

サイトの見栄えを良くし、テキストコンテンツを補足することもできますが、サーバーのスペースと帯域幅も必要です。 これは、サイトの写真、ギャラリー、またはオンラインストアに高品質の画像が含まれている場合に当てはまります。

フィリピンのSytianWebDesignerでは、ファイルサイズが大きくなると、Webサイトの読み込み時間が長くなる可能性があることをクライアントに伝えています。 これは、サイトの全体的なユーザーエクスペリエンスにも影響を与える可能性があります。 したがって、ここでの良いトリックは、品質を損なうことなくこれらの画像のサイズを小さくすることです。 これは実装が簡単で、プロセスを完全に最適化できます。

おそらく、Chrome Pagespeed Insights拡張機能、Photoshop、およびその他のツールを使用して画像を最適化しています。 このプロセスには時間がかかる場合があります。

幸いなことに、画像を最適化するためのプラグインはたくさんあります。 優れた例は、OptimoleとWPSmushです。 これらのプラグインを使用すると、画像サイズを大幅に縮小し、サイトの速度を向上させることができます。

4.JSおよびCSSファイルを縮小します

GoogleのPageSpeedInsightsツールでサイトを実行している場合は、JSファイルとCSSファイルのサイズを最小化するように通知される可能性があります。 これは、サイトの読み込み速度を向上させるために、CSSとJSの呼び出し、およびこれらのファイルのサイズを減らす必要があることを意味します。

また、WordPressテーマの操作方法を知っている場合は、Googleが提供するガイドを調べて、手動で修正してください。 それができない場合でも、この目標を達成するためのプラグインはたくさんあります。 Autoptimizeを使用して、CSS、JJS、およびWordPressサイトのHTMLを最適化できます。

5.キャッシングを実装します

サイトを最適化するもう1つの優れた方法は、キャッシュを実装することです。 キャッシュを理解する最も簡単な方法の1つは、キャッシュをサイトの短期記憶と考えることです。

ユーザーが初めてサイトにアクセスした場合、要求されたすべてのファイルのコピーが保存されます。 これらのキャッシュされたファイルは、次に同じサイトにアクセスしたときに表示されます。 これにより、誰かがサイトファイルを見るたびに、サイトファイルを要求してサーバーから直接ロードする必要がなくなります。

さらに、サイトの運営に必要なリソースが大幅に削減されるため、サイトの速度が大幅に向上します。

6.WordPressデータベースを最適化します

データベースには、サイトのすべてのコンテンツが保存されます。 これには、投稿、ページ、ユーザー登録、コメント、設定が含まれますが、これらに限定されません。

したがって、無駄のないデータベースも維持する必要があります。 これを行うには、不要なスパム、未承認のコメント、ゴミ箱に入れられた投稿、または改訂を排除します。

サイトのデータベースを最適化するのに役立つWP-Optimizeなどのプラグインを使用できます。 これは、古くて冗長なデータを削除し、データベースを最適化することを目的としています。

7.HTTPリクエストを減らします

HTTPSリクエストの数を減らす方法の1つは、同様のファイルを統合することです。

HTTPリクエストがダウンすると、ページの読み込み速度も低下します。 縮小されたプラグインを使用する場合は、類似したファイルを組み合わせるプラグインを選択してください。

8.未使用のプラグインを取り除きます

WordPressサイトで不要なプラグインを使用すると、Webファイルにジャンクが追加されます。 したがって、ファイルをバックアップするたびにサーバーリソースの負荷が増加します。

そのため、使用しなくなったプラグインを削除することをお勧めします。 他のプラグインの機能の組み合わせを提供する代替プラグインを探すこともできます。

たとえば、プラグインを使用してコンテンツを最適化し、別のプラグインを使用してWordPressWebサイトをGoogleAnalyticsに接続しています。 両方を実行できるプラグインを探すことを検討してください。

9.gZIP圧縮をアクティブにします

サーバーとユーザー間で転送されるデータの量は非常に多いため、サイトのパフォーマンスが低下します。

これを修正するには、gZIPを使用して、JavaScriptファイルとCSSファイルを含むデータファイルを圧縮します。 そうすれば、ブラウザに転送する前に、サーバーがコンテンツを元のサイズの70%まで圧縮します。

また、サイトの読み込み時間を大幅に短縮します。 これは、転送されるコンテンツのサイズが大幅に減少したためです。

10.ホットリンクを無効にする

「ホットリンク」は、あるサイトが別のサイトのリソースを使用するときに造られた用語です。 誰かがあなたのサイトに画像をコピーしたとしましょう。

サイトが読み込まれると、サイトから画像が読み込まれ、サーバーから帯域幅とリソースが消費されます。 つまり、ホットリンクは不格好な帯域幅の「キラー」です。

11.定期的に更新する

WordPressサイトは常に更新する必要があります。 特定のプラグインであろうとテーマであろうと、これらは最新の状態に保つ必要があります。

更新は、サイトを最新のPHPバージョンおよび最適化と互換性のあるものにするための改善にもなります。 通常、アップデートには、サイトのバグやその他のセキュリティ問題に対する定期的な修正も含まれています。

利用可能な新しいパッチがある場合は、WordPressステージングサイトですべての更新をテストしてから、適用して公開することができます。

ウェブサイトの所有者は、検索エンジン用にサイトを最適化する必要があります。 WordPressバックエンドを使用しているかどうかは関係ありません。 そうすることであなたのウェブサイトがオンラインで表示され、適切なキーワードでランク付けされることが保証されるからです。